査定ってどうなってるのか|物件を高く売却するためのコツ|ワンルームマンションの査定前が大切

物件を高く売却するためのコツ|ワンルームマンションの査定前が大切

査定ってどうなってるのか

夫婦

査定の注意点

投資用、或いは住居用マンションを売却したい場合に、気になるのは幾らで売ることが出来るかという点ではないでしょうか。マンションは購入してから長年経過するうちに、価値は下がりつづけるものです。マンションを売却する際には、査定額が売却する希望価格以下に下がってしまう前に、売却することが大切です。なので、売却を決めた段階で、不動産業者に連絡を取り、査定してもらうことが大切ですが、一社だけよりも、複数社に依頼した方がいいです。と、言うのも、マンション査定には各社ざまざまな取り組み方があり、全く異なる査定額が提示されることがしばしばあります。万が一、極端な査定額を信用して取引をすすめると、希望には程遠い条件で手放さざるをえない可能性も考えられますので、慎重に考えましょう。

机上査定と本査定

マンション査定は不動産業者によって、実に色々なスタイルや考えがあり、業者ごとに査定額にばらつきが出やすいです。マンション査定を依頼した場合、大体の場合で行われるのが、机上査定と本査定というものです。机上査定は簡易査定と言われることも多く、近隣の物件の売買データを元に査定価格を見積もるというものです。手早く査定が出るケースが多いです。本査定は実際に現地に足を運び、現状を確かめて算出するので信頼性は高くなります。マンション査定では、気を持たせるために、この机上査定で高めに見積もる業者もいるので気をつけましょう。机上査定だけを沢山依頼しても、確実性という点では充分とは言えない場合が多いです。しっかりと本査定まで行って、そこで判断したいものです。